ここから本文です

<さいたまクリテリウム>冠スポンサーにJ:COM、3年間の契約

埼玉新聞 6月2日(木)10時30分配信

 4度目の開催を迎える自転車ロードレースの国際大会「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」2016年大会の冠スポンサー発表が1日、埼玉県さいたま市で行われ、昨年に続きケーブルテレビ大手の「ジュピターテレコム」(東京都千代田区、ブランド名「J:COM」=ジェイコム)が同大会の冠スポンサーとなることが発表された。

 契約は今大会から2018年大会までの3年間。金額など、協賛内容については明らかにされなかったが、さいたま市はツール・ド・フランス本大会を主催するフランスの「ASO」社と16年から18年まで3年間の大会開催契約をすでに結んでおり、この契約に沿った協賛となる。

 会見では契約調印も行なわれ、ジュピターテレコムの牧俊夫社長は、「大会を支えることはもちろん、メディア企業として総力で大会の魅力を伝える」とあいさつ。さいたま市の清水勇人市長は、「大変心強く、さらなる大会のブランド価値向上につながる」と話した。

 大会は10月29日、さいたま市のさいたま新都心駅周辺特設コースで行われる。昨年は約9万5000人が集まった。

最終更新:6月2日(木)10時30分

埼玉新聞