ここから本文です

ジョコビッチは4回戦、準々決勝と2日連続に [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月2日(木)10時30分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)は6月1日が大会11日目。連日の雨のため、スケジュールが大きく乱れた大会はこの日、男女4回戦と一部準々決勝が行われている。

ジョコビッチがグランドスラム28大会連続ベスト8 [全仏オープン]

 第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は雨で中断し、日をまたがって行われた試合を、最小限のトラブルにとどめ、勝利で締めくくった。全仏オープンの初タイトルを狙う彼が、まさに望んでいた通りのことだった。

 連続で4つのグランドスラム大会で優勝することを目指し、唯一獲っていない全仏タイトルが欲しいジョコビッチは、水曜日に第14シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を3-6 6-4 6-1 7-5で下した。

 火曜日の時点では第3セット4-1まで終えて中断、順延となった試合を、水曜日に再開したあとは71分で試合を終えた。再開後は最初の2ゲームをジョコビッチが取って、セットを終えるのに必要とした時間は、わずか7分だった。

 試合後のジョコビッチはコート上で、ボールボーイに絡んで囁き、自分と一緒に観客に向かってお辞儀をさせた。それからインタビュアーの元選手、ファブリス・サントーロ(フランス)が渡してきた黄色いレインハットをかぶり、フィリップ・シャトリエ・コートに笑みをもたらした。

 雨の影響でスケジュールはタイトになっている。ジョコビッチは木曜日もコートに立つことになり、2日連続の試合となった。次の準々決勝の相手は、第8シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)だ。ベルディヒは同日、第11シードのダビド・フェレール(スペイン)を6-3 7-5 6-3のストレートで下している。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:6月2日(木)10時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]