ここから本文です

ナダルが手首の故障でウィンブルドン前哨戦を棄権 [男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月2日(木)12時1分配信

 ラファエル・ナダル(スペイン)が、全仏オープンでも棄権の理由となった手首の故障のため、ウィンブルドンの前哨戦であるAEGON選手権(ATP500/グラスコート)への出場を取り消した。

ナダルが左手首の故障で棄権「キャリアでもっともつらい記者会見」 [全仏オープン]

 グランドスラム優勝14回のナダルは6月1日の水曜日に、大会出場を取りやめることを決めた。ナダルは2008年に初優勝しており、そののち最初のウィンブルドン・タイトルを獲得している。

 AEGON選手権は、6月13日からイギリス・ロンドンのクイーンズクラブで始まる。

 ナダルは全仏オープン一週目に突然、彼が9度の優勝を遂げた、彼の庭とも言えるロラン・ギャロスでもうプレーを続けられないと発表した。彼の利き手である左手首には青いサポーターが巻かれていた。

 ナダルは予定された3回戦の一日前に記者会見を行い、手首に痛み止めの注射をして1、2回戦に勝ったが、これ以上プレーを続けるには痛みが強すぎると話した。

 ナダルの故障は手首の腱鞘炎だが、手術が必要だとは思っておらず、6月27日から始まるウィンブルドンには出場できるはず、とも言っている。

 ナダルはウィンブルドンで5度にわたって決勝に進出し、2008年と2010年にタイトルを獲得。2006、2007、2011年には準優勝していた。

 しかしそれ以降に、彼がウィンブルドンの4回戦以上に勝ち進んだのは、2014年の一度だけとなっている。2013年は1回戦負け、2012年と2015年は2回戦で敗退していた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 27: Rafael Nadal of Spain announces his withdrawal from French Open due to an injury during a press conference on day 6 of the 2016 French Open held at Roland-Garros stadium on May 27, 2016 in Paris, France. (Photo by Jean Catuffe/Getty Images)

最終更新:6月2日(木)12時1分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]