ここから本文です

セリーナ8強 元世界4位ストーサーが4強入り、全仏OP<女子テニス>

tennis365.net 6月2日(木)13時17分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会11日目の1日、女子シングルス4回戦が行われ、トップハーフ(対戦表の上半分)から第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)らベスト8、ボトムハーフ(対戦表の下半分)からは第4シードのG・ムグルサ(スペイン)ら4強が決まった。

大坂なおみ セリーナ抜き1位

トップハーフでは第1シードのセリーナ、第8シードのT・バシンスキー(スイス)、世界ランク58位のK・ベルテンス(オランダ)、同60位のY・プチンセワ(カザフスタン)の4選手がベスト8進出。

ノーシードで勝ち進んでいるベルテンスは、1回戦で今年の全豪覇者である第3シードのA・ケルバー(ドイツ)を破る金星をあげ、2回戦でC・ジョルジ(イタリア)、3回戦で第29シードのD・カサキナ(ロシア)、4回戦で第15シードのM・キーズ(アメリカ)を下す快進撃を見せている。

また、21歳のプチンセワは1回戦でC・ウォズニアキ(デンマーク)、2回戦で第28シードのA・ペトコビッチ(ドイツ)、3回戦でK・ナップ(イタリア)、4回戦で第12シードのC・スアレス・ナバロ(スペイン)を下してグランドスラム初のベスト8進出を果たした。

準々決勝ではセリーナとプチンセワ、バシンスキーとベルテンスが対戦する。

ボトムハーフでは第4シードのムグルサと元世界ランク4位で第21シードのS・ストーサー(オーストラリア)が4強入り。

両者は2014年のマドリッド・オープンで1度だけ対戦しており、その時はストーサーがフルセットで勝利した。

tennis365.net

最終更新:6月2日(木)13時17分

tennis365.net