ここから本文です

バシンスキーは“てんとう虫”が幸運のお守り [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月2日(木)13時30分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)の11日目、女子シングルス4回戦。

昨年4強のバシンスキーがビーナスから初勝利で準々決勝へ [全仏オープン]

 第8シードのティメア・バシンスキー(スイス)はコート上では容赦ないが、てんとう虫にまで、それはおよばないようだ。

 バシンスキーは4回戦で第9シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を6-2 6-4で下して準々決勝に進出した。彼女は今大会で、まだ1セットも落としていない。そのバシンスキーにとって幸運のお守りとなっているのがてんとう虫で、好感を持っているという。

 彼女は練習中にボールの上にてんとう虫がいるのを見つけ、その写真を撮ってソーシャルネットワークに流した。ほかにも、彼女は試合中にてんとう虫を見つけ、それをコートの外に出している。踏みつぶされる危険から救い出したのだとか。

「踏みつぶす理由などないわ。(試合中にコートに入ってくる)虫や動物には、ものすごく注意しなければいけない、と言っているわけじゃない。でも、それがうるさいからって、哀れな虫を殺す必要はないでしょう」と、彼女はビーナスを倒したあとに言った。

「ちょっと脇のほうに押し出してやればいいだけよ。さあ、あっちへ行きなさいって。それが可愛そうなてんとう虫への私の気持ちだったの」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - JUNE 01: Timea Bacsinszky of Switzerland celebrates her victory against Venus Williams of US during the women's single fourth round match at the French Open tennis tournament at Roland Garros Stadium in Paris, France on June 01, 2016. (Photo by Mustafa Yalcin/Anadolu Agency/Getty Images)

最終更新:6月2日(木)13時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。