ここから本文です

内田彩、昼夜に分けてのコンセプトライブ 覗かせた新たな一面

MusicVoice 6月2日(木)20時25分配信

 声優で歌手の内田彩が5月28日、TOKYO DOME CITY HALLで、昼夜に分けてのコンセプトライブ『内田彩 CONCEPT LIVE 【Bitter Kiss】/【Sweet Tears】』をおこなった。アニメ『ラブライブ!』に声の出演を果たし、ソロデビュー後も大きな人気を得ている内田彩が2月に、ロックでダークな雰囲気の『Bitter Kiss』、エレクトロポップでキュートな『Sweet Tears』という2枚のコンセプトアルバムを同時にリリース。この日はアルバムコンセプトに則ったライブで、内田の新たな一面を覗かせた。そして、8月には初の日本武道館公演をおこなうことを発表。これまでリリースされた全34曲の楽曲を披露すると話すと集まったファンは大きな喜びの声を上げた。

 ソロデビューを果たして約2年、初ライブから1年が経過した内田。その間、今回のリリースを含めアルバム4枚を発表、ライブの会場規模もどんどんと拡大し、ソロアーティストとして急速な成長を続けている彼女だが、2月にリリースされたアルバムも、それまでの2枚のアルバムとは全く異なるイメージのコンセプトにて作り上げられていて、内容に関しても新人らしからぬ大きなグレードアップを果たしている。

 6月には仙台、大阪、横浜と大都市のツアーも実施するなど、活発な活動を続けさらなる成長を期待されている内田。この日のライブも前日までにチケットは立ち見を除いてソールドアウトと、その注目の大きさも計り知れない。新たなコンセプトアルバムで見せた新たな内田の新たな一面が、どの様にライブで披露されたのか、今回はこのステージをレポートしたい。

 定刻に会場の耳に響いたのは、ドラムのカウント。そしてそれに続いたのは、荒々しいギターを中心としたロックサウンドだった。ステージ前に張られていた黒い幕が徐々に開いていく。そこにいたのは5人のバンドマン、そしてステージに設置された櫓(やぐら)の上にある、椅子に座った内田だった。何かを思うような内田の静かなたたずまい、反して鳴り響く轟音のコントラストに触発されて、観衆はスタートから大興奮。薄暗い観客席では無数の赤いサイリウムが、激しく打ち鳴らされるビートに合わせて揺れ動いていた。

 コンセプトアルバム『Bitter Kiss』の世界観で進行したファーストセット「Bitter Kiss」。1曲目は「afraid...」。そのワイルドなサウンドと、クールな内田が織りなす雰囲気は、これまで発表した内田の音源にあった、弾けるような明るさ、可憐さのイメージとは一線を画すようなものだが、観客は何の躊躇もなくその空気を受け入れ、会場では大きな盛り上がりを見せていた。

 2曲目の「シリアス」はさらに激しく、その次はさらに激しくと、ワイルドな雰囲気に会場を染めていく。その動きに従い、観客の熱気もさらに上がっていった。「この『Bitter Kiss』は熱く激しいライブにしようと思いますので、今日はいつも見せない顔を見せたいと思います!」そう語っていた内田の顔には、一瞬いつものフレンドリーな表情が見えたが、それもその一瞬だけ。鳴り続けていた激しいサウンドには熱い魂が充満しており、まさしく内田の知られざる一面を表しているようでもあった。

 ステージ中盤には「みんなで盛り上がれる、おなじみの曲」コーナーとして、2ndアルバム『Blooming!』のオープニングナンバー「Blooming!」と1stアルバム『アップルミント』の「Growing Going」を披露。これまで披露されていた内田のキュートな雰囲気がそこに漂うことでホッとするようなひと時が生まれるとともに、この日披露された『Bitter Kiss』のコンセプトによる世界観が、対照的なイメージとともにそのコントラストをはっきりと映し出していた。

 そしてステージは終盤へ。ダークで荒々しい雰囲気を持った「キリステロ」で、観衆はタオルを振り回し、サビでは大きな声を張り上げ、ライブの空気をさらに重厚なものにしていく。スタートから11曲、打ち鳴らされるビートは途中で緩められることなく、内田のメロディをますます瑞々しいものにしていく。いや、それは内田の声が瑞々しかったからこそ、ステージから発せられる音に緊張感が生まれたのだろうか?何か新しい魅力を見せる内田の声を中心に、ステージから注ぎ込まれるサウンドがラストの「絶望アンバランス」まで観衆をひと時もじっとさせてはくれなかった。

 アンコールは「ドーナツ」に続き、いよいよ最後の曲へ。「最後はもっと盛り上がって、熱いライブで閉めたいと思います!」観衆に語り掛ける内田、そしてそれに応える観客。曲は本編でも大きな盛り上がりを見せた「キリステロ」。少しショッキングにも見えるタイトルだが、内田の呼びかけに応え、さらに鋭く大きな声を上げる観衆の姿で、そんなネガティブなイメージすら払しょくされ、この曲が前向きなものとしているようにも見えた。このステージではいつもと違う表情を見せると宣言していた内田だが、最後に見せた彼女の表情はいつものライブで見られた、明るくはじけるような笑顔だった。「ありがとうございました!今日はみんなカッコよかったよ!」プレイの終わりとともに、内田はそのメッセージを観衆に送りステージを去った。

 『Sweet Tears』では、内田は『Bitter Kiss』よりも高く積まれた櫓の上に立ち、皆の前に現れた。「Floating Heart」でスタートしたこのセット、エレクトリック・ポップの明るいハーモニーが、観衆の振る白いサイリウムの上を舞う。内田の白いドレスに合わせたその白い波のような光景には、まさしくそのタイトル通り心がフワフワと浮いてくるようだ。「みなさん、Sweet Tearsのステージにようこそ!思い切り楽しんでね!」内田の声に、さらに気持ちが高揚していく。そして観衆の掛け声に合わせて、内田は階段を一つ一つ降り始めた。

 2曲目の「color station」では、中間部にまるでPerfumeを思わせるようなスタイリッシュなダンスを披露。内田の新たな一面を見せたひと時だ。カラフルに変化する背景の色の前で、白に包まれた内田の姿がしっかりとした存在を見せている。さらに重々しいダンスリズムの初披露曲「リードを外して」と、また変わった内田の一面を表していく。見せ方によっては無機質なエレクトリック・ポップのサウンドだが、内田の伸びやかな声とそのあふれんばかりの笑顔が「無機質」とは違う新鮮さを表し、聴くものに新たな印象を見せる。ステージには内田一人だったが、それが不自然にならないくらいに内田の存在感がステージを満たしていった。

 『Bitter Kiss』と同じように、中盤には過去リリースのアルバムからの曲が披露された。ポップで明るい雰囲気を持ちながらも、内田が歌い上げるメロディが、サビで微妙に切なさを感じさせる「Sweet Rain」。雨を表すかのように、観衆たちのサイリウムが会場中で真っ青に変わっていく。もちろんここでも新旧の違いのコントラストが明確に表されたが、改めて耳にすると、そのサウンドが大きく変わったとしても、内田の表現しようとする本質が全く失われてないことを印象付けられた。

 メロディの端々に見せる、彼女ならではの歌で表現される表情。白で表現された内田の立ち姿が、舞台に照らされる照明、観衆が指し示すサイリウム、そして目まぐるしく変わるサウンドでカラフルに変化していく。そしてラストナンバー「Sweet Dreamer」へ。「今日はSweetなドリームを見せてくれて、本当にありがとう!」会場の皆が高揚したまさに夢のような空間の中で、内田はそう観客に語り掛けステージを降りた。そしてさらに訪れたアンコールで、この日のステージを完全に締めくくるように、『Sweet Tears』のオープニングを飾った「Floating Heart」が披露された。「私の気持ちをそのまま表しています」そう語った内田の言葉が、サビの「しあわせすぎて、フワフワしてる」という歌詞とオーバーラップし、この日のステージに大きな余韻を残した。

 最後に内田は感謝の気持ちを観衆に告げながら「SweetだけどBitterさを忘れない内田でいたいと思います!」と、この日のステージを改めて振り返りながら、自身の思いを改めて語った。内田はかつてソロデビューが決まった際に「ソロデビューしたくない」と思っていたことを明かした。一方で、この2年でそのネガティブな気持ちが打破され、前向きな気持ちで活動に向き合っていることを語った。

 まもなく20代の終わりを迎える内田は、いよいよ8月に初の日本武道館公演をおこない、これまでリリースされた全34曲の楽曲を披露することをこの日発表。その言葉に大きな喜びの声を上げた観客の姿に、内田は半泣きで感激の表情を見せていた。新たな動きを見せるたびに、観客ととともにその喜びを感じてきた内田は、これからも引き続きその存在を大きくしていくとともに、その成長をファンたちと喜びを感じながら、活動を続けていくことだろう。(取材・桂 伸也)


■セットリスト

▽内田彩 CONCEPT LIVE【Bitter Kiss】
@TOKYO DOME CITY HALL

5月28日 14:00~
セットリスト

01.afraid...
02.シリアス
03.Like a Bird
04.MELODY
05.最後の花火
06.Blooming!
07.Growing Going
08.キリステロ
09.ONE WAY
10.Ruby eclipse
11.絶望アンバランス

encore

12.ドーナツ
13.キリステロ

▽内田彩 CONCEPT LIVE【Sweet Tears】

@TOKYO DOME CITY HALL
5月28日 18:30~

セットリスト
01.Floating Heart
02.color station
03.リードを外して
04.笑わないで
05.ピンク・マゼンダ
06.Sweet Rain
07.オレンジ
08.Merry Go
09.Breezin’
10.Party Hour Surprise!
11.Sweet Dreamer

encore

12.with you
13.Floating Heart

最終更新:6月2日(木)20時25分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。