ここから本文です

女子は準決勝半分の組み合わせが決まる [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月2日(木)18時0分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)は6月1日、大会11日目が終了し、女子ドローのボトムハーフ準決勝の顔合わせが決まった。

荒れる女子、ムグルッサとストーサーが抜け出して準決勝に進出 [全仏オープン]

 準々決勝は2試合が行われ、第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が世界ランク108位のシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)の快進撃を7-5 6-3で止めた。もう一試合は、2011年全米オープン優勝者のサマンサ・ストーサー(アメリカ)が世界ランク102位のツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)を6-4 7-6(6)で退けた。これによりムグルッサとストーサーが準決勝で対戦することが決まった。
 
 そして、もともと月曜日に予定されていた4回戦がこの水曜日に行われ、第9シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)は敗れ、彼女の妹で第1シードのセレナは勝利を収めた。

 気温16度ほどの肌寒い中、ビーナスは冬にふさわしいようなファスナー付きのグレーのコートを着てウォームアップしていた。彼女は第8シードのティメア・バシンスキー(スイス)に2-6 4-6で敗れたが、2ゲームを先取したあと、8ゲームを連続で落とす試合内容だった。

 10年ぶりの全仏オープン準々決勝進出を賭けた戦いは、もう一歩、力が足りなかったようだ。

 ビーナスはあるポイントでは滑って膝をつくなどの動きで、ウィナーは6本だけ。反対にアンフォーストエラーは24本おかした。

「最初の何ゲームかでは彼女がミスをおかして」とウイリアムは言った。「最後の12ゲームでは、私がすべてのミスをおかしたのよ」。

 バシンスキーは、第15シードのマディソン・キーズ(アメリカ)を7-6(4) 6-3で下してグランドスラム大会で初の準々決勝進出を決めた世界ランク58位のキキ・バーテンズ(オランダ)と対戦する。

 ディフェンディング・チャンピオンのセレナは4回戦で、第18シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を6-1 6-1で倒して準々決勝に進んだ。セレナはグランドスラム大会優勝歴21回を誇り、対するスビトリーナは1年前のこの大会で初めてグランドスラムの準々決勝に進出した21歳だ。そのふたりの試合はセレナの圧倒的勝利だった。

 セレナは準々決勝で、ノーシードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)と対戦する。
「もちろん、彼女は最強のプレーヤーよ」とプティンセバ。「伝説的偉人に間違いないわ」。

     ◇   ◇   ◇

【女子シングルス準々決勝】※[ ]数字はシード順位

セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[1] vs ユリア・プティンセバ(カザフスタン)

キキ・バーテンズ(オランダ)vs ティメア・バシンスキー(スイス)[8]

---------

○ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[4] 7-5 6-3 ●シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)

○サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[21] 6-4 7-6(6) ●ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)

--------------------

【女子シングルス4回戦】

○セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[1] 6-1 6-1 ●エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[18]

○ユリア・プティンセバ(カザフスタン)7-5 7-5 ●カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)[12]

○キキ・バーテンズ(オランダ)7-6(4) 6-3 ●マディソン・キーズ[15]

○ティメア・バシンスキー(スイス)[8] 6-2 6-4 ●ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[9]

---------

○シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)6-3 6-4 ●イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)[25]

○ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[4] 6-3 6-4 ●スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)[13]

○サマンサ・ストーサー(オーストラリア)[21] 7-6(0) 6-3 ●シモナ・ハレプ(ルーマニア)[6]

○ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)2-6 6-3 6-3 ●アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)[2]

(C)AP(テニスマガジン)

最終更新:6月2日(木)18時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。