ここから本文です

パリで敗れたふたりのトップ女子、雨の中のプレーに不平 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月2日(木)19時0分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)の10日目、女子シングルス4回戦でのことだ。

ピロンコバがラドバンスカを倒してノーシードから8強入り [全仏オープン]

 確かに、彼ら(大会運営陣)は全仏オープンのもっとも雨に濡れた週に、何とか試合を――ひとつといわず、ふたつも――終えることができた。そしてその双方が、驚きの結果を生んだ。世界ランキング2位のアグネツカ・ラドバンスカと6位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が、数分の差で次々と敗れたのである。

 火曜日に起きた4回戦負けのあと、ラドバンスカとハレプの双方が、霧雨、あるいはよりひどい雨が降る中で自分たちをプレーさせた大会運営者の決断に、断固として不満を述べた。雨はコートを滑りやすくし、“土のダンゴ”のようになったボールは、重くなっていた。

「レベルの低い大会ではなく、ロラン・ギャロスなのよ。どうして、選手を雨の中でプレーさせることを許せるの?」
 2012年ウインブルドン準優勝者のラドバンスカは言った。
「運営者は私たちが何を考えているかなんて、考慮していないのよ。ほかのことを気にかけてるんだわ」
 ラドバンスカは、一年前に右手首を手術をしていて、それが痛んだことも言い添えた。

 ハレプも、「プレーするのは不可能だった」と指摘し、「私の意見では、誰も選手のことなんて考えていないのよ。私が今日、この試合に負けたってことは別にいいけど、もう少しでケガをするところだったわ」と、ラドバンスカと同じような口調で話した。

 ラドバンスカは、世界102位のツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)に2-6 6-3 6-3で敗れた試合の過程で、10ゲームを連続で落とした。その少し前にハレプはサマンサ・ストーサー(オーストラリア)との、ふたりの全仏オープン準優勝者同士の対決に6-7(0) 3-6で敗れた。ハレプは2014年、ストーサーはー2010年の準優勝者だ。

 悲しいことに、火曜日に予定された「12」のシングルスの試合のうち、終わったのはこのふたつの試合だけだった。世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第14シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)の試合を含め、男子シングルス4回戦4試合は途中で中断、延期となった。

 セレナとビーナスのウイリアムス姉妹が絡んだ2試合を含む、4つの女子シングルス4回戦と2つの男子シングルス準々決勝は、始まりもしなかった。

 ハレプは、全仏オープンの運営者たちは大会を時間通りに終わらせられないことを“恐れて”、雨の中で試合を進めると言い張ったのだろうか、と訝った。月曜日にはすべての試合がキャンセルされて、16年ぶりに丸一日が失われるという事態が起きていた。

「雨は彼らのせいではないけど」とハレプは言った。「でも決断は最良のものではなかったわね、私が思うに」。

 ラドバンスカ対ピロンコバの試合は、もともと日曜日に行われるはずのものだった。試合が中断されたとき、ラドバンスカは第2セットを3-0でリードし、勝利まであと3ゲームというところにいたのだ。その試合が、火曜日まで延期され、その火曜日にもさらなる雨のせいで1時間以上遅れて始まり、30分ほどプレーしてからまた2時間半ほど中断された。

 雨が多少降っているにも関わらずプレーが続けられた時間帯があったことは、おそらく驚きではなく、勝ったピロンコバに文句はなかった。
「もちろん、以前にも起きたことよ。私たちはありとあらゆるコンディションの中でプレーしているわ。通常、もしもコートがプレーに適さない状態なら、例えば滑るようなら、大会は試合をすぐにキャンセルするわ」と、初めて全仏オープンの準々決勝進出を決めたピロンコバは言う。

「でも今日、コートはまだ踏みこたえていて、大丈夫だったわ。プレーできる状態だったし、実際そうしたじゃない」

 ストーサー対ハレプの試合は、日曜日に第1セットの途中で中断された。2011年全米オープン優勝者のストーサーは――彼女は気温15度程度という肌寒さを凌ぐため、淡いグリーンの長袖シャツを着ていた――火曜日を通して、よりよいプレーをした。
「あまり心地いいコンディションではなかったけど」とストーサーは言った。「でも私たちは大丈夫だったわ」

 ストーサーが全仏オープンの準々決勝に進出するのは、これで4度目だ。
「言うまでもなく、始めて、中断して、一日おいて、というこれらすべてのことは本当にたいへんだった」とストーサー。「コートにひとたび出て、そこで雨が降ってきたら、いいものじゃないけど、でもそうなんだから仕方ないわ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:6月2日(木)19時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]