ここから本文です

「スウェーデンリーグにこの俺は贅沢すぎるだろ」 これぞイブラ様! 古巣マルメ行きの噂に言及

theWORLD(ザ・ワールド) 6月2日(木)20時11分配信

イブラはまだ焦らす

この男がどこへ向かうのかは分からないが、多くのサポーターはその決断を待ち望んでいる。2015-16シーズン、パリ・サンジェルマンで驚異的なパフォーマンスを見せつけたズラタン・イブラヒモビッチが、自身の去就について言及した。

31試合出場で38ゴールという魔法のような戦績を誇ったこのスウェーデン人が、“タダで”獲得できるともなれば、多くのビッグクラブが名乗りをあげるのは自然なことだろう。しかし、イブラヒモビッチとの関係を求めているのは、なにも強豪クラブに限った話ではない。母国スウェーデンの古巣マルメへ復帰するのではないかとの噂に、ズラタンは次のように答えている。スペイン紙『as』が伝えた。

「マルメへ行くかって? スウェーデンリーグにこの俺は贅沢すぎるだろ?」

「メディアによる俺のいろんな噂話をみてるととても興奮するよ。誰が1番おもしろいストーリーを作り上げるのかが楽しくてしょうがないからね。もしもそれに飽きたら俺がどのクラブへ行くかを教えてあげることにしよう」

対峙する多くのDFだけでなく、欧州メディアをも翻弄するイブラヒモビッチ。彼の新たな行き先を知るには、しばらく“架空話”を楽しむ必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月2日(木)20時11分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]