ここから本文です

ティームがゴファンを倒してジョコビッチとの準決勝へ [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月2日(木)23時12分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の男子シングルス準々決勝で、第13シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が第12シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を4-6 7-6(7) 6-4 6-1で倒してベスト4進出を果たした。

ジョコビッチがベルディヒをストレートで下して6年連続準決勝進出 [全仏オープン]

 ティームはゴファンと8度目の対戦で3勝目。今シーズンは1月に全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の3回戦で対戦し、ゴファンが6-1 3-6 7-6(2) 7-5で勝っていた。

 ティームは全仏オープンには3年連続出場で、過去2回はいずれも2回戦で敗退。昨年はパブロ・クエバス(ウルグアイ)に6-7(7) 5-7 7-6(5) 5-7で敗れていた。グランドスラム大会では2014年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)での4回戦進出が、これまでの最高成績だった。

 ティームは準決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは準々決勝で、第7シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を6-3 7-5 6-3で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 02: Dominic Thiem of Austria hits a backhand during the Men's Singles quarter final match against David Goffin of Belgium on day twelve of the 2016 French Open at Roland Garros on June 2, 2016 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:6月2日(木)23時12分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。