ここから本文です

ポルトガル代表はC・ロナウドのワンマンチームじゃない サントス「彼抜きでの戦い方を知る必要がある」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月2日(木)22時20分配信

イングランド代表戦は欠場の見込み

EURO2016に出場するポルトガル代表は、良くも悪くもレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドが中心のチームだ。ポルトガルが躍進するにはロナウドの爆発が欠かせず、同選手の出来次第で結果は大きく変わってくるだろう。

そんなロナウドはチャンピオンズリーグ決勝を戦ったこともあり、2日に行われるイングランド代表との親善試合に出場しない予定となっている。ポルトガル代表にとってロナウドを欠くことは痛手だが、代表監督のフェルナンド・サントスはこれがチームにとって良いテストになると考えている。

英『Sky Sports』によると、サントスはポルトガル代表がロナウド1人に頼ったチームではないことを強調し、ロナウド以外の選手に期待をかけている。

「全ての選手が重要だ。ポルトガル代表はワンマンチームではないよ。もちろんロナウドは重要な選手だが、今回は彼抜きで戦う良い機会でもある。私はフランスで彼に7試合プレイしてほしいと願っているが、我々は彼抜きでの戦い方を知る必要があるんだ。全ての選手は疲れているし、肉体的にも精神的にも休養が必要だ。それでも私は心配していない。我々は良い準備をしてきたからね」

イングランド代表は今大会の優勝候補にも挙げられる強敵で、ロナウド以外の選手を試すには絶好の機会でもある。ポルトガル代表の選手たちはロナウド頼みのチームではないことを証明できるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月2日(木)22時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。