ここから本文です

上地結衣がファンクォトを下して初戦突破 [全仏テニス・車いすの部]

THE TENNIS DAILY 6月2日(木)23時27分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の車いすの部の女子シングルス1回戦で、第2シードの上地結衣(エイベックス)がアニエク・ファンクォト(オランダ)を2-6 6-0 6-3で倒して初戦突破を果たした。

日本女子とクアードは3位入賞 [第32回車いすテニス世界国別選手権]

 上地とファンクォトは昨年の大会の準決勝で対戦し、ファンクォトが6-4 4-6 7-6(4)で勝っていた。

 車いすテニスは男女シングルス8ドロー、ダブルス4ドローで争われる。

 昨年の大会は、男子シングルスで国枝慎吾(ユニクロ)が2年連続6度目の優勝、女子シングルスはイスケ・グリフィオン(オランダ)が初タイトルを獲得。ダブルスでは国枝がゴードン・リード(イギリス)と、グリフィオンはファンクォトとのペアで優勝を飾った。

 上地は準決勝で、マジョレーン・バイス(オランダ)と対戦する。バイスは1回戦で、ルーシー・シューカー(イギリス)を6-1 4-6 6-2で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月3日(金)0時1分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]