ここから本文です

ヤクルト川端が超美技 ライナー性の打球にジャンプ、グラブの先でキャッチ

Full-Count 6月2日(木)20時19分配信

打撃でも左犠飛、攻守両面で奮闘

 ヤクルトの川端慎吾内野手が、2日の日本ハム戦(札幌ドーム)で超ファインプレーを見せた。

 3点リードした4回1死二、三塁。中田のライナー性の打球は三塁・川端の頭上を襲った。185センチの長身を生かしてジャンプ一番。グラブの先でキャッチした。

 打撃では2点を追う3回1死二、三塁で井口から左犠飛を放っていた。昨季、首位打者、最多安打、ベストナイン、ゴールデングラブ賞のタイトルを獲得した28歳が、攻守で奮闘した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月2日(木)20時19分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報