ここから本文です

阪神藤浪が省エネ100球で1安打完封勝利 約2か月ぶり白星「情けなかった」

Full-Count 6月2日(木)21時24分配信

4勝目に「久々に良いピッチング」、場内に笑い「仙台はヤジも少なくて投げやすかった」

 阪神の藤浪晋太郎投手が2日の楽天戦(コボスタ)で先発し、見事に1安打完封勝利を収め、4勝目を挙げた。

 鳥谷の本塁打などで3点のリードをもらった藤浪。8回終了時の球数はたった94球。9回は先頭のオコエ、2人目の岡島も1球で仕留めると、最後は藤田を4球で打ち取り、ピッタリ100球で完封勝利。「久々にいいピッチングができたと思います。力抜いて、三振狙わず、しっかり投げていこうと思っていました」とヒーローインタビューで安堵の表情を浮かべた。

 藤浪は今季初登板から3登板で3連勝と好調なシーズンスタートをきった。しかし、その後、6試合で勝利がなかった。7試合ぶりの白星に「いろいろ考えましたし、(6試合白星なしは)プロにはいってからワーストタイ。情けなかったし、申し訳ない気持ちでした。ファンのみなさんの前でいい投球見せられてよかったです」と話した。

 ビジターで初完封と知らされると「知らなかったですけど、仙台はヤジも少なくて投げやすかったです。関西のファンに比べればあたたかい。本当にありがとうございます」と敵地のファンに感謝。また、味方の守備に失策がなかったことを振られると「途中で北條が出てきたのでちょっと怪しいなとは思ったんですけど、何とか守ってくれてよかったです」と途中で二塁の守備に入った同期入団の北條の名前を出すなど、場内に何度も笑いを起こしていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月2日(木)21時37分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。