ここから本文です

前代未聞? 最後に負傷の西武高橋光、お立ち台上がれず”代打ヒロイン”熊代

Full-Count 6月2日(木)21時53分配信

2試合連続完投の高橋光になりきってお立ち台「完封したかったですけどね」

 西武はDeNAに4-1で勝利した。試合後のヒーローインタビューに呼ばれたのは捕手の炭谷と2試合連続完投の高橋光成…ではなく、なぜか、熊代だった。

西武、過去10年のドラフト指名選手一覧

 熊代はこの日の試合に出ていない。高橋光が最後打者の筒香の打球を足に当てて、アイシング治療中だったため、お立ち台に上がれず。代わって熊代が上がったのだった。ヒーローインタビューの“代打”は前代未聞の出来事だが、ファンはめったに見られない光景に喜んだ。

 一緒にお立ち台に上がった炭谷から「熊代に光成の感想を言ってもらいたいと思います」と促されると、高橋光になりきった熊代が「そうですね。完封したかったですけどね。最後ちょっと、点取られてしまって悔しかったですけど、久々にこういう声援を聞けてうれしいです。やっぱり何回立っても気持ちいいですね。勝ち越しが任された日だったので、その日にこういうピッチングができて、本当にうれしく思います。最後、アクシデントがあったんですけど、何とか皆さまの前に立ちたいなと思って、今我慢しています」とコメント。インタビュアーも空気を読んで、高橋光成がいるように語りかけた。

 熊代はお立ち台を降りてもカメラやボールへのサインも高橋光になりきったまま平仮名で「こうな」と書く徹底ぶり。最後まで炭谷と手を挙げて、ファンの歓声に応えていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月3日(金)1時35分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。