ここから本文です

「ロックが好き」龍真咲の新たな信長

Lmaga.jp 6月2日(木)17時0分配信

ロックで描く織田信長--。またひとつ新しい意欲作が宝塚歌劇の舞台から誕生する。6月10日から始まる月組宝塚大劇場公演『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』、『Forever LOVE!!』に主演するのは、本作で退団する月組トップスター・龍 真咲だ。

記者会見時の龍 真咲

制作発表会では織田信長に扮し、パフォーマンスも披露した龍 真咲。ヒゲを付けた精悍な美しさが目を引き、人生を振り返るように歌う姿が、戦国の世を駆け抜けた信長の生き様、そして龍の男役道に重なるようだった。自ら織田信長役を熱望していた龍。時に「うつけ者」「魔王」と呼ばれながらも己を貫き通した信長は、常に強い信念のもと自らのスタイルを築いた個性派の龍にぴったりと言えるだろう。「私はロックが好き。“燃えたぎる魂”のような想いのある役が好き」と語っていた彼女が、ロック・ミュージカルの中でどんな織田信長を見せるのか。6年前にロック・オペラ『HAMLET!!』に主演したときも、狂気を装い復讐へと突き進むハムレット王子を熱唱で見せつけた。七色の声をもつ龍が、冷徹さの中にある信長の「魂」を、存分にロックで表現してくれそうだ。

また最近とみに輝きを増す月組トップ娘役の愛希れいかが、信長の正室・帰蝶を演じ、次期月組トップスターの珠城りょうが、信長の前に立ちふさがるローマ出身の騎士・ロルテスを演じる。9月5日付けで専科への異動が決まった男役スター・凪七瑠海の明智光秀、オリジナルな存在感が光る男役スター・美弥るりかの豊臣秀吉も、既存のイメージを覆す武将となりそうで期待が高まる。

トップスターのさよなら(退団)公演というと、トップの輝きを様々な角度から見せるショーが用意される。『Forever LOVE!!』では、龍がタカラヅカへの愛、観客や仲間への愛をエネルギッシュにドラマティックに魅せる。どこか突っ張った感じの龍がここぞというときに見せる愛の表現に、観客は胸を射抜かれるのでは。そして龍らしく明るく笑顔で去っていくのでは。唯一無二のトップスター・龍 真咲の、抜群の歌唱力はもちろん、どこまでも龍の如く昇り続ける勇姿を、目に心に焼き付けて。

取材・文/小野寺亜紀

最終更新:6月14日(火)13時34分

Lmaga.jp