ここから本文です

新梅田シティでベルギービールの祭典

Lmaga.jp 6月2日(木)16時0分配信

個性豊かな106種類のビールとベルギーの伝統料理をライブ・ミュージックとともに楽しめる『ベルギービールウィークエンド』が、「新梅田シティ ワンダースクエア」(大阪市北区)で1日からスタートした。

会社帰りに職場仲間で立ち寄ったという女性たち

「梅田スカイビル」の真下にある1階広場には、ベルギーを代表するビールのブースがずらり。人口1,000万人の小国ながらヨーロッパの中心に位置するベルギーは、ドイツからビール醸造技術、フランスからワイン文化が伝えられ、国内168カ所の醸造所では1,500種類以上のビールが作られている、まさに世界の「ビール王国」でもある。

快晴となった初日には、アクセスに便利な梅田開催とあって、16時にオープンするやサラリーマンを中心に多くの人が訪れた。女性に人気だったのはラズベリーやチェリー、ピーチなどを使ったフレッシュなフルーツビール。美食国・ベルギーのソーセージやポテトと一緒に呑むビールのおいしさに笑顔があふれた。

入場は無料で、ビール・フードはコイン制(5コインで1,050円/ビールは3~5コイン、フード1コイン~)。同イベントは全国8都市で50日間開催され、大阪は5都市目で残すは札幌、仙台、東京となる。大阪は6月5日まで開催される。

取材・文・写真/岡田由佳子

最終更新:6月2日(木)16時0分

Lmaga.jp