ここから本文です

クラッシュ続きのフェルスタッペンにチームは落胆なし

オートスポーツweb 6月2日(木)15時52分配信

 マックス・フェルスタッペンのモナコGPは、初優勝を達成したスペインGPとは対照的な結果に終わった。しかしレッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、フェルスタッペンはまだ学習の途中であるとして、彼の才能には何の疑問を抱いていないと述べた。

2016年第6戦モナコGP決勝 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がクラッシュ

 フェルスタッペンは、モナコの週末を通して大きなクラッシュを2回喫した。予選Q1でスイミングプール出口でクラッシュ、決勝ではシャシーを交換し、ピットレーンスタートとなった。レースで9位までポジションを上げていたフェルスタッペンだが、マスネで再びバリアに突っ込んてリタイアとなった。その他に彼はFP3でもウォールにヒットしている。

「チームに謝らなければならない。一生懸命マシンを準備してくれた結果、こんなことが起こるなんてあってはならないことだ」とフェルスタッペン。
「彼らにふさわしい結果を持ち帰ることができなかった。本当に申し訳ないと思っている。ただただ自分にがっかりだ」


 現在18歳のフェルスタッペンはレッドブルに移籍したてのスペインGPで優勝、F1ウイナーとしての最年少記録を打ち立てた。それと比べてモナコではあまりにもパフォーマンスの落差が大きかったが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、全く心配はしていないと語った。

「彼はレース前半はとてもうまくいっていた。何度も見事なオーバーテイクを行い、ポジションを順調に上げていた。トップ10圏内を走り、プッシュしていた」

「(ニコ・)ロズベルグにも届くかもしれないと彼は思っていた。しかし運悪く上り坂の頂上で(濡れた)路面コンディションに足をすくわれた。そうなったのは彼だけではない」

「確かに2週間前とは非常に対照的な週末になった。だがそれも学習の過程の一部だ」

「彼は素晴らしいペースで学習を積んでいる。来年同じミスをするとは思わない」

「彼は極めて安定しており、頭がよく、知的な人物だ。今週末に起きたことの責任を引き受け、そこから学ぶはずだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月2日(木)15時56分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。