ここから本文です

MotoGP:ヤマハ、鈴鹿8耐の優勝に貢献したポル・エスパルガロとの契約終了を発表

オートスポーツweb 6月2日(木)23時14分配信

 ヤマハは2日、MotoGP世界選手権でモンスター・ヤマハ・テック3から参戦するポル・エスパルガロとの契約を今季限りで終了することを発表した。

 2013年にMoto2クラスでチャンピオンを獲得したエスパルガロは、2014年にモンスター・ヤマハ・テック3から最高峰クラスにデビュー。その年にルーキー・オブ・ザ・イヤーとトップ・サテライト・ライダーを獲得する活躍をみせた。

 15年は鈴鹿8時間耐久ロードレースにも出場。中須賀克行、ブラッドリー・スミスと組んで、ヤマハに19年ぶりの優勝をもたらした。16年も中須賀、アレックス・ローズとともにヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームの一員として出場することが決まっているが、今回の発表を受け、今シーズン限りでヤマハとの関係が終わりを迎えることになった。

 16年のMotoGPは現在6戦を終え、エスパルガロは48ポイントを獲得。ランキング7位につけており、サテライト勢のランキングトップをキープしている。

ヤマハとテック3は「エスパルガロ選手の多大なる功績を称え、感謝するとともに、来シーズンの新たなチャレンジに繋がる成績のため、残る12戦も最大限のサポートを続けます」と述べている。

 テック3の来季体制は決定次第発表するとのこと。すでに加入が決まっているジョナス・フォルガーのチームメイトが誰になるか気になるところだ。

 また、エスパルガロの去就は明らかになていないが、2017年の所属チームの候補にKTMの名前が挙がっている。


[オートスポーツweb ]

最終更新:6月2日(木)23時22分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。