ここから本文です

バーブラ・ストライサンド、46年ぶりに【トニー賞】の舞台へ

Billboard Japan 6月2日(木)18時30分配信

 「追憶」や「スター誕生/愛のテーマ」などのヒット曲で知られる歌手で女優のバーブラ・ストライサンドが、今月開催される【トニー賞】のステージに46年ぶりに登場することになった。

 1962年にミュージカル『I Can Get It for You Wholesale』で、1964年にも『ファニー・ガール』にて【トニー賞】にノミネートされたストライサンドは、1970年に特別賞を受賞。それ以来、【トニー賞】の舞台に上がることはなかった。

 なお、6月12日にニューヨーク市のビーコン・シアターで開催される授賞式では、同じくトニー賞受賞者でありCBSの深夜番組『The Late Late Show』のホストでもあるジェームズ・コーデンが初司会を務める予定だ。【トニー賞】授賞式の模様は米CBSよりテレビ放映される。

 授賞式にはこの他、オプラ・ウィンフリー、ケイト・ブランシェット、キャロル・キング、オードラ・マクドナルド、シアーシャ・ローナン、パティーナ・ミラー、ネイサン・レインなどが出席する予定。コメディーの神さま、スティーヴ・マーティンとグラミー賞受賞シンガー・ソングライターのエディ・ブリッケルもプレゼンターとして登場する。

最終更新:6月2日(木)18時30分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。