ここから本文です

最上もが、でんぱ組から逃げ出したことも「助けを求めるのはやめよう」と思った過去

クランクイン! 6月2日(木)17時46分配信

 TBSのドラマ『重版出来!』に出演しているでんぱ組.incの最上もがが1日、自身のブログを1ヵ月強ぶりに更新。ファンやブログ読者らの様々な質問に答える形式で書かれた同ブログの中で、最上はでんぱ組.incの活動から逃げ出したことがあると明かしている。

【関連】「最上もが」フォトギャラリー


 このブログで「でんぱ組に入った時できない自分に苛立って逃げだしたくなったことはありますか?」という質問に対し最上は「たくさんあります。実際に逃げ出したこともあります」と正直に告白。「歌が上手かったわけでも、ダンスが得意だったわけでもありません。何で上手くいかないんだろうって」と、当時感じていた自身の思いを明かす。

 そして「心をボッコボコに叩かれて、へこたれて、助けを求めても手を振り払われ、逃げても非難される。なら、1人で耐えるしかないし、助けを求めるのはやめようと思ったよ」と当時を振り返り、「たくさん失敗して、経験して、また、頑張る。そんな日々ですね」と吐露している。

 ブログのコメント欄には「もがちゃんの生き方を参考に、自分も頑張らなきゃっていっつも感じています」「今はもがちゃんの存在が俺の心の拠り所です。厳しい世界だけど一生懸命に頑張って下さい」「私は努力して、がんばってがんばって、毎日必死で生きてるもがちゃんをとっても尊敬してます」「とりあえず、ひとりは確実に応援しています。それで、そういう人がたくさんいます」と最上の気持ちに寄り添う、応援や励まし言葉が多く寄せられた。

最終更新:6月2日(木)17時46分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。