ここから本文です

2年連続Bクラスの西武…チームの逆襲に欠かせない高卒2年目右腕

ベースボールキング 6月2日(木)11時45分配信

輝かしき時代

 80年代の後半から90年代前半にかけて“黄金時代”を築いた西武。圧倒的な強さで他球団から恐れられたチームであるが、今ではその強さは影を潜め、08年を最後に8年間もリーグ優勝から遠ざかっている。

 今季もここまでリーグ4位と低迷。首位を走るソフトバンクには11ゲームの差をつけられ、まずはクライマックスシリーズの出場圏内を目指すという戦いが続いている。

 西武はいつから「Aクラス」を争うようなチームになってしまったのだろうか…。

 82年から4年間指揮を執った広岡達朗監督は、チームを3度のリーグ優勝に導いた。森祗晶監督がそのバトンを引き継ぐと、就任9年間で8度のリーグ優勝、6度の日本一と黄金時代を築く。

 投手陣は東尾修をはじめ、工藤公康、渡辺久信、石井丈裕、潮崎哲也、鹿取義隆といった面々。野手陣も清原和博、秋山幸二、石毛宏典、辻発彦、デストラーデ、田辺徳雄、伊東勤というメンバーがスタメンに名を連ねていた。

 森監督退任後は、東尾修(95年~01年)、伊原春樹(02年~03年)、伊東勤(04年~07年)、渡辺久信(08年~13年)と監督のバトンが渡されていった。この19年間、実に5度のリーグ優勝を達成し、Bクラスはわずかに2回しか経験していない。

2年連続のBクラスから

 しかし、近年はというと、苦しい戦いが続いている。

 2014年にリーグ5位に終わると、15年は4位。球団名を西武に変更して以降では、80~81年以来となる2年連続のBクラスに沈んだ。

 現在の西武はというと、秋山翔吾、栗山巧、メヒア、中村剛也、浅村栄斗といった強打者が上位陣に名を連ねる。その一方で、やや淡白に見えるバッティングや軽率な守備も目につくようになったが、リーグトップの本塁打数とチーム打率が他球団にとっての脅威であることは間違いない。あとは投手陣が整備されれば、優勝を争う力は十分にあるはずだ。

 今季は牧田和久を後ろに回したこともあり、近年の課題だったリリーフ陣は比較的安定している。ここから巻き返しを図るには、復帰が間近に迫っている岸孝之や勝ち頭の菊池雄星に続く“柱となれるピッチャー”が必要になるだろう。そして、十亀剣や野上亮磨が思うような結果を残せていないいま、その候補として思い浮かぶのが、高卒2年目の高橋光成だ。

1/2ページ

最終更新:6月2日(木)11時48分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]