ここから本文です

キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン、「結成時から目標は変わらない」と語る

RO69(アールオーロック) 6月2日(木)12時20分配信

6月3日にセカンド・アルバム『ザ・ライド』をリリースする、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン。今作のリリースに際してメンバー全員が語ったインタヴューが、現在発売中の『ロッキング・オン』7月号に掲載されている。

前作『ザ・バルコニー』より格段にヴァラエティが広がった今作のソング・ライティングについて訊かれたヴァン(Vo、G)は、以下のように答えた。

「僕らは『1枚のアルバムを書こう』ではなくて、『歌を11曲書く』という、いつだってそのつもりでやっているんだよ。たとえばビートルズの初期の作品なんかは、どのアルバムの収録曲もそれぞれ印象に残るものだよね。初期よりももっと密度の濃い作品、『リボルバー』なんかにしたって、収録されたどの曲も覚えているし……たとえそれらの曲が実際に『大ヒットしたシングル曲』じゃないとしても、どの曲もヒット・シングルになり得ただろうな、と感じるっていう」

また、デビュー当時からスタジアム・クラスのバンドになりたいと公言し続けている彼らだが、今作を作った事で新たな野心は生まれたか、と訊かれ、ベンジー(B)は以下のように語っている。

「バンドがスタートした時点からずっと、目標は同じだったんだ。いつだって『できるだけ多くの人々を前にステージに立ちたい』ってことを考えてきた。僕たちはその目標に近づきつつある、それだけのことだと思う」

『ロッキング・オン』7月号の詳細はこちらから。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/143692

RO69(アールオーロック)

最終更新:6月2日(木)12時20分

RO69(アールオーロック)