ここから本文です

青春パワー熱く 石川県高校総体が開幕

北國新聞社 6月2日(木)16時24分配信

 2016(平成28)年度石川県高校総体は2日開幕し、初日は7市3町で17競技が行われた。各校の精鋭はインターハイなど夏の全国大会出場を目指して白熱した攻防を繰り広げた。

 2日は卓球、バスケットボール、バドミントン、柔道、剣道、弓道、ボウリング(以上北國新聞社後援)などが行われ、選手たちは仲間や家族らの声援を受け、果敢なプレーを見せた。

 卓球は金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで熱戦の火ぶたが切られ、スマッシュが決まるたびに歓声が上がった。

 3日からソフトボール、レスリング、空手道、なぎなた(以上本社後援)などが加わり、大会は5日まで続く。6日はサッカーの男子決勝が金沢市民サッカー場で午後3時から行われる。

 別日程の相撲(本社後援)は12日に羽咋市唐戸山相撲場、水泳(同)の競泳と飛び込みは18日に金沢市営総合プールで行われる。

 今年のインターハイ(2016情熱疾走中国総体)は「美しく咲け君の笑顔と努力の華」をスローガンに7月28日から8月20日まで、岡山、鳥取、島根、広島、山口で開催され、ヨットは和歌山で行われる。

北國新聞社

最終更新:6月2日(木)16時24分

北國新聞社