ここから本文です

ギグス氏、29年在籍のマンUを退団へ…新役職就任のオファー拒否か

SOCCER KING 6月2日(木)11時34分配信

 マンチェスター・Uのアシスタントコーチを務める元ウェールズ代表MFのライアン・ギグス氏が、同クラブを退団する見通しとなった。イギリス紙『デイリーメール』が1日に報じている。

 ジョゼ・モウリーニョ監督の就任が決まり、去就が注目されているギグス氏。5月29日付の同紙によれば、同監督はギグス氏にトップチームとU-21チームの間をつなぐ役割を期待し、残留を望んでいた。

 しかし今回の報道によると、ギグス氏は新たな役職への就任オファーに断りを入れ、マンチェスター・Uを退団する見通しとなった。同氏は1987年にマンチェスター・Uの下部組織に加入し、選手時代は通算963試合に出場。29年に渡って同クラブに所属してきたが、今シーズン限りで退団することとなるようだ。

 なお、モウリーニョ監督は自身のアシスタントととしてルイ・ファリア氏を据える意向を持っている。同氏はフィットネス担当やアシスタントコーチとして、長年に渡ってモウリーニョ監督とともにタッグを組んできた。ファリア氏が“ナンバー2”の座に就くことで、ギグス氏は事実上の降格を告げられる形となっていた。

SOCCER KING

最終更新:6月2日(木)12時5分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]