ここから本文です

「アトレティコからの関心は嬉しい」…カバーニが移籍熱望、すでに接触か

SOCCER KING 6月2日(木)17時0分配信

 パリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、アトレティコ・マドリードへの移籍を熱望している。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が1日に報じた。

 報道によると、カバーニは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンを退団する可能性が浮上しているが、移籍先の第一候補にアトレティコ・マドリードを挙げているという。同紙は「カバーニはアトレティコに夢中」と見出しを掲げ、同選手のコメントを紹介した。

「(アトレティコ・マドリードは)競争力のあるチームで、自分に関心を持ってくれている。それは本当に嬉しいことだよ。とはいえ、この先に起きることは誰にもわからないね」

 カバーニは「今、自分はパリ・サンジェルマンの選手だ。このユニフォームを着る最後の日まで、このクラブをリスペクトするよ」と話しつつ、アトレティコ・マドリードへの移籍を望んでいることを明かした。報道によると、同選手の代理人は先週、マドリードに滞在してアトレティコ・マドリード側と接触した模様だ。なお、同選手に対してはユヴェントスも興味を示していると報じられている。

 カバーニは1987年生まれの29歳。2006年からパレルモ、2010年からはナポリでプレーした。2012-13シーズンにはセリエA得点王に輝き、2013年夏にパリ・サンジェルマンへ移籍。今シーズンのリーグ・アンでは32試合出場19ゴールを記録した。コパ・アメリカ・センテナリオ USA 2016に臨むウルグアイ代表メンバーにも選出されている。

SOCCER KING

最終更新:6月2日(木)17時3分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]