ここから本文です

「マスコットではない」…独代表ポドルスキ、批判の声に「敬意に欠ける」

SOCCER KING 6月2日(木)20時9分配信

 得点王、リーグ優勝、国内カップ制覇。ドイツ代表のマリオ・ゴメスとルーカス・ポドルスキが今シーズン、トルコで手にした結果だ。しかしポドルスキの代表選出については批判の声があがっており、チーム内でのただの盛り上げ役として、マスコット的存在とも揶揄された。ドイツ誌『kicker』日本語版が2日に伝えた。

 だが、これに対してポドルスキは「敬意に欠ける発言だね」と反論。「僕は代表100試合に出場してきた男だ。マスコットにできるものじゃないよ。恥知らずだと思うね」とコメントした。さらにゴメスも「ここにいる選手はそれぞれにふさわしいもの、それについてはリスペクトしないと」とポドルスキを擁護している。

 これまでを振り返ると、確かにヨアヒム・レーヴ代表監督は、代表メンバーの選出に関してはその手腕を発揮してきたとはいえるだろう。

 また先日の国内カップ決勝では、「トルコで身につけた新たな武器」のヘディングで得点し、ポドルスキは優勝に貢献している。

 一方でリーグ優勝と得点王に輝いたゴメスは、フィオレンティーナでのつらい2年間を経て、ベシクタシュでは「キャリアの中で感じたことのないくらいいい感覚だ」と明るい表情を見せた。今大会ではミロスラフ・クローゼの後継者となる典型的なセンターフォワードとしての役割が期待されているものの、レーヴ代表監督は偽9番も採用している。しかし、ゴメスは「システムにバリエーションがあるよね」と受け入れる姿勢を見せている。

 ユーロ通算4度目の優勝を目指すドイツはグループCに所属し、グループステージでは12日にウクライナ、16日にポーランド、21日に北アイルランドと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月2日(木)20時23分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]