ここから本文です

メルセデス・ベンツ「Sクラス カブリオレ」が44年ぶりに復活!…価格は2145万円から

オートックワン 6月2日(木)13時4分配信

メルセデス・ベンツ日本は、「Sクラス カブリオレ」を発表し、6月2日より注文受付を開始した。なお、納車開始は10月中旬以降を予定している。

このニュースのフォトギャラリー

Sクラス カブリオレは、『フランクフルトモーターショー2015』で発表され、1961年から1971年に販売された「W111」以来44年ぶりに復活したラグジュアリー4シーターオープンモデル。「モダンラグジュアリー&インテリジェンス」のコンセプトに基づき、Sクラス史上最高の美しさと高級感を備えただけではなく、安全性と快適性、効率性など自動車に求められるあらゆる要素とオープンエアドライブを高次元で究めている。

Sクラス カブリオレのラインナップは、4.7リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンと9速オートマティックトランスミッション「9G-TRONIC」を搭載する「S550 カブリオレ」、メルセデスAMG製5.5リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンとパフォーマンス志向のAMG専用四輪駆動AMG 4MATIC、マフラー内のエグゾーストフラップによって、エンジン音を切り替える「AMGスポーツエグゾーストシステム」を搭載した「メルセデスAMG S63 4MATIC カブリオレ」、メルセデスAMGによる極限の滑らかさと圧倒的な高出力を誇る6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG S65 カブリオレ」を設定した。

【エクステリア】

フロントで中心となるのは、スリーポインテッドスターとクロームインサート入りシングルルーバーを収めたブラックのダイヤモンドフロントグリル。ボンネットは力強いキャラクターライン2本によりダイナミックな印象を与える。フロントバンパーは中央と左右に大型エアインテークを備えています。さらに、フロントエンドはクロームトリムでスポーティに仕上げた。

ヘッドライトは、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。丸みを持つ円柱状の30個のクリスタルをウインカーに、さらに17個のカットクリスタルをポジショニングライトに配置し、揺らめく炎状の輝きがラグジュアリーな表情を与える。

サイドビューは、ソフトトップを閉じた状態では美しいクーペスタイルとなる。低く構えるウィンドウフレームや、サイドウォールがリアに向けて下降するドロッピングライン、完全に格納されるサイドウインドウなどが特長として挙げられる。張りのあるソフトトップは3層構造を持ち、閉じるとカブリオレの高級感が強調されるとともにクーペのような静粛性の高い室内空間を作り出している。色は、ブラック、ダークブルー、ダークレッドの3色を設定した。

リアエンドは、LEDリアコンビネーションランプとたくましいショルダー部によりボディの幅を広く見せ安定感を演出。さらに、下部にディフューザーを備えたリアバンパーや、ツインエグゾーストエンド、水平に走るクロームトリムによりスポーティ感をいっそう高めている。

1/3ページ

最終更新:6月2日(木)13時4分

オートックワン