ここから本文です

「良いショットが一発も…」松山英樹、105位の今季ワースト発進

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月3日(金)8時43分配信

「何も良くなかった…」。強ばった表情でそう振り返った松山英樹の横顔に、じんわりと汗がにじんだ。オハイオ州のミュアフィールドビレッジGCで開幕した「ザ・メモリアルトーナメント」の初日、松山は3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「74」、2オーバーとし首位と10打差の105位タイと出遅れた。

【画像】松山英樹が乗り込むコーテシーカー、そのナンバーは?

今季14試合目にしてワースト発進。ミュアフィールドビレッジGCは、過去8ラウンドすべてでアンダーパーをマークして平均スコア「68.875」と得意にしていたが、9ラウンド目にして初のオーバーパーに「良いショットが一発もなかった。このスコアになっても仕方がない」と口を結んだ。

1番からショットはズレた。フェアウェイからの2打目はピンの右15m。2番でも、クリークに近い右端に切られたピンに対し、残り113ydの2打目を危険な右サイドのラフへと外した。

6番、7番(パー5)で連続バーディを奪ったが、7番以降の9ホール(パー3を除く)では、フェアウェイをとらえたのはわずかに1度。1Wが深いラフにつかまると、つぎにグリーンをとらえることも容易ではない。悪い流れは重なり、一時的に雨が強くなった12番(パー3)では、ティショットを池に落としてダブルボギーとした。

スコアボードを見れば、首位は8アンダーで79人がアンダーパーをマークした。「普通にやればそれくらい出ると思うけど…」と松山は言う。「(自分は)普通じゃないんで仕方ない」。

ホールアウト後は練習場で黙々と打ち込みを行った。「(明日は)良くなればいいと思う。あまり期待せずに、やるべきことをやれればいい」と淡々と言葉を並べた。(オハイオ州ダブリン/今岡涼太)

最終更新:6月3日(金)8時43分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]