ここから本文です

YouTubeの6秒間広告、約4割が「離脱要因にはなりにくい」と回答【ジャストシステム調査】

MarkeZine 6月3日(金)9時30分配信

YouTubeの6秒間広告、約4割が「離脱要因にはなりにくい」と回答【ジャストシステム調査】

YouTube新広告への反応(クリックで拡大)

 ジャストシステムは、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年5月度)』の結果を発表した。広告にフォーカスをするとYouTubeの新広告に対して、約4割が「離脱要因にはなりにくい」と考えていることなどがわかった。

●YouTubeのバンパー広告、約4割が「離脱要因にはなりにくい」

 YouTubeの広告を見たことがある人に、2016年4月に発表された、本編前に6秒間表示され、スキップできない「バンパー広告」について聞いたところ、「そんなにストレスにならない」と思う人が38.9%、「動画の離脱原因になりにくい」と答えた人が37.3%、「広告やYouTubeへの印象も悪くならない」と回答した人が35.7%だった(「あてはまる」「ややあてはまる」の合計)。

YouTube新広告への反応(クリックで拡大) ●Instagram広告はFacebook・Twitterよりもシェアされやすい

 Instagramの広告を見たことがある人のうち、Instagramの広告経由で「サイトを閲覧したことがある」人は30.5%、「いいねをしたことがある」人は25.8%、「動画を視聴したことがある」人は22.7%、「シェア、コメントをしたことがある」人は19.5%だった。

 Instagramの広告経由で「シェア、コメントをしたことがある」人の割合はFacebook(11.7%)、Twitter(リツィート14.7%)での場合よりも高く、Instagramの方が広告でもシェアやコメントをしてもらいやすい様子がうかがえる。※複数回答あり。

●Facebook利用者の3人に1人「広告経由でサイト閲覧」

 Facebookで広告を見たことがある人のうち、Facebookでの広告経由で「サイト閲覧をしたことがある」人は32.7%で、Twitter(30.7%)やInstagram(30.5%)の広告経由で「サイト閲覧したことがある人」の割合をやや上回った。※複数回答あり。

 【調査概要】
 調査期間:2016年5月26日(木)~5月30日(月)
 調査対象:15歳~69歳の男女1,100名

最終更新:6月3日(金)9時30分

MarkeZine