ここから本文です

往年の名作ホラーアドベンチャーゲーム『Dの食卓』海外DOS版がGOGで配信開始

ファミ通.com 6月3日(金)9時0分配信

文:編集部 ミル☆吉村

●日本語未収録だが、DRMフリーでアーカイブしたい人はぜひ
 Warpが1995年に3DO向けに発売し、その後セガサターンや初代プレイステーションなどにも展開されたホラーアドベンチャーゲーム『Dの食卓』。本作がなんとPCゲーム配信プラットフォームGOG.comで配信開始。価格は5.99ドル。ただし対応言語は英語とフランス語のみ。

 配信されているプログラムは、欧米でのパブリッシャーのAcclaim Entertainmentが当時発売したMS-DOS版がベースで、エミュレーターのDOSBOX上で動作するよう設定されているため、現行のWindows 10やMax OS X、Linuxでも動作可能。

 実際に購入して動かしてみたのだが、スクリーンショットを見ても分かる通り、さすがにHD画面でプレイすると映像がガビガビでかなりキツい。リアルタイム3Dではなく圧縮映像などで構成されたゲームなため、さすがにベタなエミュレーター経由の動作ではコレ以上のことは難しいのかもしれないが、移植作業を行ったNight Dive Studiosはリマスターを得意とするスタジオでもあるため、フィルターか何か用意して欲しいところ。

 一方、プログラムはDRMフリーで、保存しておけばDOSBOXが動くOSが存在する限りこの作品をプレイできるというのはいい話。アーカイブ的に海外DOS版を残しておきたい人は、この際にチェックしておくといいのではないだろうか。

最終更新:6月3日(金)9時0分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。