ここから本文です

深キョン、再び女王役に!『アリス』最新作で吹替えを続投

Movie Walker 6月3日(金)5時0分配信

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の日本語吹替え版キャストが発表され、深田恭子が“白の女王(ミラーナ)”役を務めることが決定!前作『アリス・イン・ワンダーランド』(10)に続くこの起用を受け、深田から喜びのコメントが到着した。

【写真を見る】最新作は奇天烈な帽子屋マッド・ハッター(ジョニー・デップ)の心が衰弱!?

起用の理由は、深田の持つ可憐で優しい雰囲気。アン・ハサウェイ演じるワンダーランドの統治者、白の女王のイメージと深田のイメージが合致したため、前作から続投することになったという。

再びアリスの世界に携わることについて、深田は「またこの“白の女王”の役をいただけてとてもありがたい気持ちになりました。前作を観た時の色彩や音、また3D映像がとても印象に残っていたので、今回はどんな作品になるんだろうとすごく楽しみにしてます」と、コメント。

6年ぶり演じる役柄について「今回の白の女王は、前回と違って、より特徴的で温かみがあり、そしてキュートだなと思いました」と前作との違いにも言及。「今回ももちろんすごく面白かったし魅せる映画だなと思ったんですが、その中でもお姉さん(“赤の女王”)との関係の話だったりだとかは、心に響きましたね」。

本作は、3年ぶりにワンダーランドを訪れたアリス(ミア・ワシコウスカ)が、亡くなった家族の帰りを待ち続けて心を病んでしまったマッドハッター(ジョニー・デップ)を助けるため、過去を変えようとタイムトラベルを繰り広げるストーリー。白の女王は、時間の番人“タイム”のもとへアリスを導いていく難しい役となっているため、深田の声の演技に期待がかかる。

深田のほか、主要キャラクターの吹替え版キャストも続投が決定。マッドハッター役に平田広明、アリス役に安藤瞳、赤の女王役に朴美と、豪華声優陣がアリスの新たな冒険を盛り上げる!【Movie Walker】

最終更新:6月3日(金)5時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。