ここから本文です

薬価下げ見送りへ 医薬品セクターに注目

ZUU online 6月3日(金)10時10分配信

消費税増税の再延期に伴い、厚生労働省は2017年度に計画していた診療報酬の改定を見送る方針だとの記事に注目です。

本来薬価改定は2年ごとで、今年は薬価改定がない年でしたが、消費税増税時には薬価を改定していたので今年も薬価改定があるはずでした。しかし、再延期に伴い薬価改定がなくなったのです。医薬品メーカーの今期業績は薬価改定を想定しての業績予想なので、これで上方修正の可能性が出てきました。

中間期末には、上方修正の可能性があります。しかし短期的に考えれば、ほぼ誰もが知っている好材料なので、買い気配で高寄りした場合は、売りになる可能性が高そうです。

◆武田薬品工業 <4502> 4,574円
 国内製薬首位。

◆第一三共 <4568> 2,499.5円
 国内製薬大手。

■相場の福の神 前営業日の日経新聞半歩先読み

大手百貨店5社が減収 5月主力の婦人衣料、低迷 社名は出ていませんが・・・

◆三陽商会 <8011> 245円
 始値244 高値244 安値239 終値240 前日比-5 出来高265,000

◆オンワードホールディングス <8016> 757円
 始値748 高値749 安値734 終値743 前日比-14 出来高427,000

■相場の福の神 本日の注目銘柄

前営業日の全市場の新高値・安値、最高値・安値、値上がり・値下がり上位から、藤本が注目の銘柄をご紹介します。
全市場 新52週間高値34、新52週間安値49

◆マルハニチロ <1333> 2,659円
 新高値更新 高値圏の保ちあいを一気に上抜けました。

◆オプトホールディング <2389> 832円
 新高値更新 堅調相場が続いています。

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社や証券会社のアナリストとしての意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

藤本誠之(ふじもと・のぶゆき)
SBI証券 投資調査部シニアマーケットアナリスト

最終更新:6月3日(金)10時10分

ZUU online

チャート

武田薬品工業4502
4823円、前日比-22円 - 9月30日 15時0分

チャート

第一三共4568
2415円、前日比-12.5円 - 9月30日 15時0分

チャート

三陽商会8011
167円、前日比-1円 - 9月30日 15時0分

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。