ここから本文です

【修斗】復帰戦の石橋「最初から最後まで瞬き禁止」の激戦予告

イーファイト 6月3日(金)15時18分配信

 7月17日(日)東京・後楽園ホールで開催される『プロフェッショナル修斗公式戦』の記者会見が6月2日(木)都内で行われ、同大会に出場する選手らが意気込みを述べた。

【フォト】Road to UFC帰りの安藤が佐藤ルミナの愛弟子と対戦した試合の模様

 今大会で昨年2月以来、1年5カ月ぶりに修斗公式戦に出場するフェザー級7位・石橋佳太(Duroジム)は、修斗デビューから2試合連続1RでKO勝利中の同級9位・安藤達也(TRIBE TOKYO MMA)を迎え撃つ。
 
 会見に出席した石橋は「試合は打ち合っても盛り上がると思いますし、僕は組んでも寝技になっても面白い展開を作れますので、最初から最後まで瞬き禁止で全局面に注目して下さい」と激しい試合を予告。

 対する安藤も石橋に続き、「どんな状況になってもお互いに一本やKOを狙いに行くような試合にします。この大会でタイトルマッチがありますが、それよりも盛り上がるような試合をするのでぜひ注目して下さい」とタイトルマッチを超える熱戦を宣言した。

 石橋はプロ7年目の30歳。一時は勝ち星に恵まれず引退も考え、選手活動を休養。2013年2月に復帰を果たすと2014年7月までに5試合連続の一本勝ちを収め、修斗環太平洋タイトル挑戦まで駆け上がった。しかし、昨年の修斗公式戦出場は2月の1試合のみで、その試合では引き分けている。

 一方の安藤は今回初めて修斗世界ランカーと対戦する。レスリング出身で、長南亮率いるTRIBE TOKYO MMAに入門すると僅か1年足らずでプロデビューを果たした逸材。昨年「ROAD TO UFC JAPAN」で行われた日本版TUFフェザー級8人トーナメントの出場者に選ばれたことでも注目された。

 久しぶりに修斗のリングに上がる石橋が新星・安藤の連勝を止めるのか。それとも安藤が勢いそのままに石橋を飲み込むか。

<決定対戦カード>
▼フェザー級 5分3R
石橋佳太(同級世界7位/Duroジム)
vs
安藤達也(同級世界9位/TRIBE TOKYO MMA)

最終更新:6月3日(金)15時18分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]