ここから本文です

三ヶ島かなが3位発進 19歳ルーキーの疲労回復法とは?

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月3日(金)17時52分配信

国内女子ツアー「ヨネックスレディス」が3日、新潟県長岡市のヨネックスCCで開幕。19歳の三ヶ島かな(19)が4バーディ、1ボギー「69」(パー72)で3アンダーとし、3位につけた。あどけなさが残るルーキーは、直近3試合予選落ちの悔しさを晴らそうと、好発進を切った。

ふんわり系19歳・三ヶ島かなのフォトギャラリー

練習の成果が出た。1組目でアウトから出ると2番でボギーを先行。9番で191ydから5UTで1m弱につけスコアを戻した。10番でバーディを奪うと、12番では約5m のパーパットが残った。最近はパットがショートしていた。「しっかり打ち切る練習を重ねた」とカップ奥の壁を叩いて沈め、ピンチをしのいだ。勢いに乗り、さらに2打伸ばした。

QT5位でツアー出場権を持ち「今年は(試合に)出られるだけ出よう」と開幕から13試合すべて出場。12位に終わったメジャー初戦「ワールドレディスサロンパス杯」で首位発進を決め、注目を集めた。だが、その後の3試合は予選落ち。正直、連戦の疲労がたまっていた。

ルーキーならではの意気込みの強さが災いした感もあるが、前週から意外な方法で疲労回復を図っているのだという。それは、ラウンド後の2~3キロメートルのジョギングだ。ハードな試合の後に走るとさらに疲れるのではないかと心配になるが「ふくらはぎの下が歩くだけで痛かったけど、実践後はすごく改善された」と効果を実感している。

この日も宿泊するホテル周辺を走る予定だ。「トップ10に入りたい」。本業でも上位を駆け抜ける。(新潟県長岡市/林洋平)

最終更新:6月3日(金)18時10分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]