ここから本文です

妊娠8か月の妻と5歳の息子の目の前で…30代公務員、飛び降り自殺した大学生にぶつかり死亡=韓国

WoW!Korea 6月3日(金)9時56分配信

退勤し帰宅していた30代男性がマンションの20階から飛び降りた大学生にぶつかり、死亡した。当時、妊娠中の夫人と5歳の息子も一緒だった。

 去る1日、韓国・光州北部警察などによると、先月31日午後9時48分ごろ、北区(プック)・梧峙洞(オチドン)にあるマンションの20階から飛び降りた20代大学生が、同マンションの入口付近を通っていたヤン・デジン氏(38)の上に落下した。

 大学生はその場で死亡し、ヤン氏は救急車で病院に運ばれ治療を受けたが、同日深夜に息を引き取った。

 死亡したヤン氏は全南(チョンナム)谷城郡(コクソングン)庁広報室所属の7級公務員で、大ヒット上映中の映画「哭声(コクソン)」を活用し報道資料などを作成、“谷城(コクソン)”を広報するのに努めていた。周囲から誠実だと評価されていたヤン氏は事故当日も、夜勤を終えて帰宅が遅くなっていたことがわかった。

 事故現場には8月に出産を控えた夫人(34)と5歳の息子が一緒にいた。谷城郡はヤン氏が退勤後の帰宅中に事故に遭ったことから、殉職申請を提出する予定だ。

 一方、大学生のバッグからは本人が書いたと見られるA4用紙2枚の遺書が発見された。遺書には「公務員の試験勉強が億くうだ。社会的劣等感を覚える」といった内容が込められていた。大学生は光州にある国立大4年に在学中で、近隣の別のマンションに住んでいることも確認された。

 警察はさまざまな事情を考慮し、大学生を過失致死容疑で立件する方針だ。

最終更新:6月3日(金)9時56分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。