ここから本文です

<タブー・タトゥー>キャストに生天目仁美、喜多村英梨、森川智之も

まんたんウェブ 6月3日(金)19時0分配信

 7月にスタートするテレビアニメ「タブー・タトゥー」に声優として生天目仁美さんや喜多村英梨さん、森川智之さんが出演することが分かった。生天目さんはセリニスタン王国の王女・アリヤの側近のカル・シェーカル、喜多村さんは米軍の呪紋部隊・白薔薇(ホワイトローズ)のリーダーのリサ・ラブロック、森川さんは謎に包まれているブラッド・ブラックストーンを演じる。また、イジー役の小松未可子さんとトーコ役の安済知佳さんによるスペシャルユニット「TRIGGER」がエンディングテーマ「EGOISTIC EMOTION」を歌うことも分かった。

【写真特集】セクシーなキャラが続々 キャラ設定も公開

 「タブー・タトゥー」は、「月刊コミックアライブ」(KADOKAWA)で連載中の真じろうさんのマンガが原作。手に奇妙な“タトゥー”を受け継いだ赤塚正義(セーギ)が、超科学兵器「呪紋」をめぐる国家間の陰謀に巻き込まれる姿が描かれている。

 アニメは「スレイヤーズ」「灼眼のシャナ」などの渡部高志さんが監督を務め、「とある魔術の禁書目録 」などの「J.C.STAFF」が制作。セーギを古川慎さんが演じるほか、声優として鬼頭明里さん、井澤詩織さん、津田健次郎さんらが出演する。7月4日深夜からテレビ東京ほかで順次、放送される。

最終更新:6月3日(金)19時3分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。