ここから本文です

『バケモノの子』地上波初放送が決定!関連イベントも開催

Movie Walker 6月3日(金)6時2分配信

『時をかける少女』、『サマーウォーズ』などで知られる映画監督・細田守の最新作として昨年7月に公開された映画『バケモノの子』。2015年夏の邦画No.1ヒットを記録し、第39回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞も受賞した本作が、日本テレビ系「金曜ロード SHOW!」にて今夏テレビ初放送されることが決定した。

『バケモノの子』は、孤独な少年とバケモノの交流を描いたアニメーション。本作の主人公である少年・九太は、母親を亡くし一人ぼっちとなってしまったことから“強さ”を求めて、バケモノたちが住む「渋天街(じゅうてんがい)」に迷い込み、乱暴者のバケモノ・熊徹らとの出会いと修行の日々を通じて“本当の強さ”とは何かを学んでいく。また声優キャストに、役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、大泉洋といった豪華俳優陣が名を連ねたことでも話題を呼んだ一本だ。

さらにこの度、「今年もまたあの夏がやってくる」をキャッチコピーに、テレビ初放送を記念したイベント「スタジオ地図2016 in Summer」の開催が決定した。今年の夏は『時をかける少女』の劇場公開から10年の節目ということもあって、アニバーサリー企画をはじめとした数多くの細田監督作品関連イベントが実地される予定だ。詳細については、6月9日(木)19時よりLINE LIVEで発表されるので、ぜひチェックしてみてほしい。【Movie Walker】

最終更新:6月3日(金)16時4分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。