ここから本文です

<西田敏行>ナイトスクープで本格復帰 ひげ、剃髪姿で涙浮かべ「ただいま」

まんたんウェブ 6月3日(金)19時46分配信

 頸椎亜脱臼の手術後、胆のう炎を発症して摘出手術を受けていた俳優の西田敏行さんが3日、「探偵!ナイトスクープ」(ABC、金曜午後11時17分)の収録で本格的に仕事復帰した。西田さんはしっかりした足取りでスタジオに登場、約300人の観覧者から「おかえりなさい!」の声を懸けられ、「ありがとう、ただいま」と答え、「きょうの日を迎えられて、うれしいです。本当に元気でよかった。ありがとうございます」と目に涙を浮かべてあいさつした。

【写真特集】ひげをたくわえた西田局長、ナイトスクープで復帰

 西田さんはニット帽に口ひげ姿で、「4月19日に手術してからひげを剃ってません。剃髪もしました」と報告。オープニングでは、「複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスをいれ、様々な謎や疑問を徹底的に究明する探偵!ナイトスクープ、私が、局長の、西田?リハビリテーション?敏行です!」とおなじみの口上を自虐ギャグを交えて語り、「皆さん、ご心配をおかけしました。入院中、動画ももらったりして、励ましになりました」とコメント。「あと15年は、働かせてもらおうと……」と、局長続投に意欲満々だった。

 探偵のカンニング竹山さんは「局長が帰ってきてくれて、本当に助かった。局長代理で、局長席に座っても、なかなか局長ができなかった。もし、帰ってこなかったら、(スリムクラブの)真栄田賢探偵が、今日座るところだった」と復帰を喜んでいた。

 西田さんは2月に就寝中にベッドから転落し、首を痛めた。3月にはつえをつきながら「第39回日本アカデミー賞」授賞式の司会を務めたが、4月19日に頸椎亜脱臼の手術を受け、その後新たに胆のう炎を発症し、5月12日に胆のうの摘出手術を受けていた。

 この日の収録分は6月24日午後11時17分の放送予定。

最終更新:6月3日(金)19時56分

まんたんウェブ