ここから本文です

<今週シネマ>1日、4日公開の映画 「高台家の人々」「デッドプール」「植物図鑑」…

まんたんウェブ 6月3日(金)21時2分配信

 今週末に公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。1日にはマーベル・コミックの異色のヒーローが大暴れする「デッドプール」(ティム・ミラー監督)が公開された。4日には「ごくせん」「デカワンコ」などで知られる森本梢子さんの人気マンガを綾瀬はるかさん主演で実写化した映画「高台家(こうだいけ)の人々」(土方政人監督)、ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」のメンバー、岩田剛典さんと、女優の高畑充希さんの映画初主演、初共演作となる「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」(三木康一郎監督)、俳優の玉木宏さん主演の「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」(和泉聖治監督)が公開される。

【動画まとめ】6月1日、4日公開公開 映画紹介&予告編

 「高台家の人々」は、綾瀬さんが演じるスケールの大きな妄想が趣味の女性会社員・木絵と、斎藤工さんが演じる人の心が読める能力を持つイケメンでエリートサラリーマンの光正の恋模様を、光正の家族も巻き込んだ騒動をコミカルに描く。綾瀬さん、斎藤さんのほか、高台家の面々を水原希子さん、間宮祥太朗さん、大地真央さん、市村正親さんが演じる。テレパシー能力を持ったイケメンとヒロインのラブコメが展開していくが、綾瀬さん演じる木絵が繰り出す妄想の破壊力がとてつもない。木絵の上司役で妄想世界にも登場するお笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんが演じるキャラクターが秀逸で、油断していると思わず声を出して笑ってしまいそうになる。綾瀬さんのキュートなコメディエンヌぶりに時間を忘れて夢中になること必至だ。

 「デッドプール」は、毒舌キャラと仰天のアクションシーンが留飲を下げる刺激的なエンターテインメント作。がん治療が災いし、マスクを付けて戦わざるを得なくなった斬新なヒーロー=デッドプールは傍若無人で、徹底的にアンチヒーローを決め込みながらも、手でハートマークを作ったり、手すりに腰かけ足をブラブラさせたりと、やることがなかなかおちゃめな、決して憎めないキャラだ。そんな彼を戦いに駆り立たせるものが“恋人への愛”というのも胸キュンとさせられる。主演は「[リミット]」(2010年)や「黄金のアデーレ 名画の帰還」(15年)などで知られるライアン・レイノルズさん。以前にデッドプール役を務めた「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(09年)での評判こそイマイチだったものの、今回はプロデューサーも兼任し、作品を完成させた。

1/2ページ

最終更新:6月3日(金)21時2分

まんたんウェブ