ここから本文です

【修斗】後楽園ホール公式戦にケージ導入、7・17大会から

イーファイト 6月3日(金)19時20分配信

 7月17日(日)東京・後楽園ホールで開催される『プロフェッショナル修斗公式戦』の記者会見が6月2日(木)都内で行われ、同大会から後楽園ホールでの公式戦にケージ(金網)を使用することが発表された。

【フォト】ケージを使用して行われる7・17修斗興行の出場選手達

 修斗を運営するサステインの坂本一弘代表はケージ導入の理由について「今のMMA(総合格闘技)の潮流がリングよりもケージに向かっている中で、我々もケージに対応した大会を開催していく。それにより、世界で活躍できる選手を修斗からさらに輩出し、修斗の理念に叶うような戦いを選手が見せてくれることを願って、ケージを導入することにした」と説明した。

 これまで公式戦の試合場にはリングを使用してきた修斗だが、ファンや選手からもケージを使用した試合を臨む声が上がっていたという。こうした声を受け、修斗と会場側との度重なる話し合いの末、今回のケージを使用した公式戦開催の合意に至った。 

最終更新:6月3日(金)19時20分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。