ここから本文です

EUの対北制裁強化 約180万円超の資金移動を禁止

聯合ニュース 6月3日(金)10時52分配信

【ロンドン聯合ニュース】欧州連合(EU)は先ごろ北朝鮮に対する独自制裁の強化を決めたが、このうち金融分野では北朝鮮の金融機関との1万5000ユーロ(約182万円)を超える資金の移動が禁じられたことが確認された。

 英財務省は2日(現地時間)、先月EUが承認した北朝鮮制裁に関し指針書を出した。

 指針書は特定条件を満たす場合を除き北朝鮮との資金移動を禁じるとした条項について、「特定条件を満たさない限り、北朝鮮内の金融機関と取引を新たに始めたり続けたりすることを禁じている」と記した。

 特定条件の一つは、1万5000ユーロに相当する取引またはそれ以上の取引であっても当局の承認を得たもの。1万5000ユーロという基準は一連の関連取引を合算した額だという。

 そのほかの特定条件に、▼食糧、健康、医療装備、または農業用、人道主義的な目的の装備▼個人の送金▼決議が定める例外▼制裁で禁じられていない特定の貿易契約の関連▼外交任務――などを挙げた。

 指針はまた別の条項に関し、北朝鮮の違法な計画に寄与すると見なされた北朝鮮内の事務所と子会社、銀行口座を閉鎖し、合弁法人と株式保有、外国為替取引決済に関し北朝鮮の銀行との提携関係の清算を要求すると説明。新たに北朝鮮に支店や事務所、子会社、銀行口座を開設したり北朝鮮の銀行と提携したりすることを禁じた。

最終更新:6月3日(金)11時2分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。