ここから本文です

北朝鮮制裁履行の報告書 韓米日ロなど20カ国以上が提出

聯合ニュース 6月3日(金)11時12分配信

【ニューヨーク聯合ニュース】北朝鮮の4回目核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け国連安全保障理事会が3月2日に採択した制裁決議に関連し、今月2日(米東部時間)までに韓国や米国、日本、英国、ロシアなどを含む20カ国以上の国連加盟国が決議に従った自国の制裁履行状況を安保理に報告した。国連関係者の話で分かった。

 北朝鮮の伝統的な友好国である中国が提出したかは確認されていない。

 国連加盟国は決議採択から90日以内に報告書を提出することになっている。

 韓国政府は1日に提出した。外交部の発表によると、韓国は「5・24措置(2010年の韓国海軍哨戒艦撃沈事件を受け北朝鮮に取った制裁措置)と北による4回目核実験後の開城工業団地の稼動中断により、南北間は現在、人的、物的交流が全面的に中断した状態だ」と報告した。また、▼兵器、大量破壊兵器および関連物資の禁輸措置▼貨物の検査と遮断、海運・運送の規制▼金融・経済制裁▼制裁対象の指定――などの措置を取っていることも報告書に記載した。

 報告書を提出していない国が大多数だが、期限を過ぎても受け付ける慣例を踏まえると報告書を提出する国はまだ増える見通しだと、国連関係者は伝えた。

最終更新:6月3日(金)11時22分

聯合ニュース