ここから本文です

岩渕さん(会津工高教諭)最高賞 11日から東京工芸美術日工会展

福島民報 6月3日(金)9時12分配信

 福島県会津若松市の会津工高教諭の岩渕浩之さんは第26回工芸美術日工会展で最高賞の内閣総理大臣賞に輝いた。
 受賞作品は漆工芸の「木もれ陽」で、黒く輝く漆を背景に貝殻を用いて日差しを表現し、卵の殻や銀粉、金粉で鳥を形作った。鳥や日差しを立体的に表現するのに苦労したという。岩渕さんは「作品を応募したり、審査員を務めたりするなど長年関わってきた展示会で最高賞を受け、うれしい」と語った。
 岩渕さんのほか、市内の漆芸家坂内憲勝さんが日工会会員賞を受けた。展示会は工芸美術日工会などの主催で11日から19日まで東京都美術館で開かれる。

福島民報社

最終更新:6月3日(金)11時2分

福島民報