ここから本文です

日医会長選石井氏(いわき)が立候補

福島民報 6月3日(金)9時38分配信

 任期満了に伴う日本医師会の会長選挙は1日公示され、日本医師会常任理事の石井正三氏(65)=福島県いわき市、医療法人社団正風会理事長=が立候補を届け出た。
 会長は25日に東京都で開かれる代議員会の決議で選任され、立候補者が複数の場合は投票が行われる。立候補届け出の締め切りは15日で、日本医師会は届け出状況を明らかにしていない。
 石井氏は中小規模の病院や有床・無床診療所が安心して地域社会で役割を果たせる制度の提案、医療や介護といった多職種の連携実現などを公約に掲げた。4日に都内で、本人が出席して選挙事務所開所式を行う予定。
 石井氏はいわき市出身、磐城高、弘前大大学院修了。昭和60年にいわき市に石井脳神経外科・眼科医院(現石井脳神経外科・眼科病院)を開設し、市医師会長、県医師会副会長、世界医師会副議長などを歴任した。日本医師会常任理事には平成18年に就任した。東日本大震災後は被災者健康支援連絡協議会を発足させるなど災害医療の充実にも尽力している。

福島民報社

最終更新:6月3日(金)11時17分

福島民報