ここから本文です

Hofnerのヴァイオリンベース「IGNITION BASS」に国内限定リミテッドカラーが登場

BARKS 6月3日(金)12時5分配信

Hofner(ヘフナー)の「IGNITION BASS」に国内限定でリミテッドカラーが加わった。

フルホロウボディを採用した本格的なスペックと、リーズナブルな価格でコストパフォーマンスにも優れる「IGNITION BASS」。過去にはいくつかの限定カラーが実現され、サンバーストだけでない幅広いカラーバリエーションを展開してきたこともあった。そして今回、独自のリサーチにより採用されたカラーリングは、さらに既存のヴァイオリンベースのイメージにとらわれない、斬新なものとなっている。

ラインナップは3カラー。1つめは、ブラックの中でも渋めのトーンとコントラストが強調され、ジャンルを選ばない仕上がりのつやなしブラック「Satin Black」。細かめのフレークが散りばめられたブラックが、スペーシーかつアグレッシブな雰囲気を醸し出す「Black Metallic」。そして、鮮やかなシルバーに個性的なメタリックをあしらった存在感溢れる「Silver Metallic」。いずれもこれまでの「IGNITION BASS」のイメージを変える個性的なカラーだ。

<おもな仕様>
●Body
Wood Top: Spruce
Wood Back: Flame Maple
Wood Sides: Flame Maple
Center block: None
●Neck
Wood: Maple
●Fingerboard
Wood: Rosewood
Scale: 30"/76cm
Nut Width: 42mm
Number Of Frets: 22
●Hardware
Pickup Neck: Hofner Ignition Staple Nickel
Pickup Bridge: Hofner Ignition Staple Nickel
アジア製

◆Limited IGNITION BASS
価格:58,000円(税別)

最終更新:6月3日(金)12時5分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。