ここから本文です

REOL&まじ娘、日本工学院の夏恒例ライブに出演

BARKS 6月3日(金)19時13分配信

REOLとまじ娘が、7月2日東京・赤坂BLITZにて開催される<日本工学院ミュージックカレッジ presents Summer Rise 2016>に出演することが決定した。

本イベントは毎年夏に開催され、音楽専門学校 日本工学院ミュージックカレッジのコンサート・イベント科の学生が制作・企画からPA、照明、舞台、演出、運営までの全てを行なっているもの。

チケットの一般発売は、本日6月3日よりスタート。高校生を対象とした無料招待枠も準備されており、楽屋周辺やステージ袖など、普段見ることができないイベントの裏側がのぞける“バックステージツアー”が同時に実施されるとのことだ。詳細はイベント特設ページにてご確認を(http://www.neec.ac.jp/event/music/summerlive/)。

<日本工学院ミュージックカレッジ presents Summer Rise 2016>
2016年7月2日(土)東京・赤坂BLITZ
16:30開場/17:00開演
出演:まじ娘/REOL
前売 2,000円(税込)
チケット一般発売日:6月3日(金)
主催:日本工学院ミュージックカレッジ
企画・制作:日本工学院ミュージックカレッジ 八王子キャンパス コンサート・イベント科20期

最終更新:6月3日(金)19時13分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。