ここから本文です

リコシェやウーハーに次ぐ脅威の外国人ピーター・カッサが衝撃日本デビュー!

バトル・ニュース 6月3日(金)5時0分配信

 2日、DRAGON GATE後楽園ホール大会にピーター・カッサが初来日した。
DRAGON GATEにはPAC(=ネヴィル)やリコシェのようなハイフライヤーからウーハー・ネイション(=アポロ・クルーズ)のようなパワーファイター、ヤング・バックス(ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン)のような名タッグチームまで様々な最強外国人が初来日してきており、今回のピーター・カッサにも試合前から期待が集まっていた。

 吊りパンツのコスチュームで現れたピーターはその見た目からパワーファイターかと思われたが、開幕側転からのサスケスペシャルで場外に飛び、走りこんできたカゲトラにはその場飛びスパニッシュフライ!
 さらにカゲトラをサイドバスター、斎藤了を投げ捨てジャーマン、堀口元気をフロントスープレックスと連続して投げ飛ばし、トドメにはカッサトルネード(=630°スプラッシュ)を投下し3カウント!

 試合のインパクトに初来日とは思えない大歓声に包まれるが、ピーターはこの日トラブルで15時に成田空港に到着しその足で後楽園に直行し試合を行ったため、これでもまだ本調子ではないという。
 日本で試合を行えて喜ぶピーターをタッグパートナーとして見たCIMAは「DRAGON GATEのメインストリームに最前線、最短距離、最高峰!辿り着いてもらう」と太鼓判を押した。

最終更新:6月3日(金)5時0分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。