ここから本文です

デジタル連動施策も「4週連続ハリー・ポッター祭り!」の楽しみ方

SENSORS 6月3日(金)12時1分配信

日本テレビ「金曜ロードSHOW!」で6月3日(金)より、4週連続で行われるのが「4週連続ハリー・ポッター祭り!」だ。OAに連動して行われるデジタル施策や、ナビゲーターを務めるハリー杉山さん、岩本乃蒼アナウンサーの声を紹介する。

今年11月には新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の公開も控える中、今回放送されるのは、6月3日(金)よる9時~11時24分「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007年)、6月10日(金)よる9時~11時29分「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(2009年)、6月17日(金)よる9時~11時49分「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」(2010年)、6月24日(金)よる9時~11時29分「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」(2011年)。

まずは当企画のナビゲーターの一人、ハリー杉山さんに「ハリー・ポッター」シリーズの魅力を尋ねてみた。


ハリー:学生時代を思い出させてくれる映画ですね。作中に出てくるホグワーツ魔法魔術学校が、何十メートルの長いダイニングテーブルで一緒にご飯を食べるシーンなど、まるで僕が行っていた全寮制のパブリックスクールそっくりの光景なんです。ダンスパーティーのシーンなども「甘酸っぱいな」と当時を思い出しますし、今回も5作目~8作目がOAされますが、毎週「あぁ、こんな頃あったな」と思い出すシーンが出てきます。また、人生のいろんなヒントを見ることが出来るバイブルのような映画でもあります。
実は我が家では月1~2回、父と母と一緒にハリー・ポッターを見る日もあるんです。今や父の方が呪文に詳しいですね(笑)。

データ放送orスマホで敵を倒しながら視聴!

そんな家族みんなで楽しめる「ハリー・ポッター」。「金曜ロードSHOW!」でも、より新たな楽しみ方を提案すべく「寮対抗! 敵を倒せ!魔法のつえ」などの施策が用意されている。これは約10分に1回、データ放送やセカンドスクリーン(スマホサイト)上に敵画像が表示され、色ボタン・スマホを一定回数、連打orタップすると、敵に攻撃が出来る。制限時間内に、敵を倒すことができるとシネマクラブポイント+スペシャル画像を獲得できるというものだ。また特設サイト上での「もっと知りたい ハリー・ポッター!」「魔法で絵合わせ!」「ハリー・ポッター映画検定にチャレンジ!」などといったページやゲームを閲覧したり、参加したりすることでも、ポイントが貯まるようになっている。シネマクラブポイントを貯めると、4泊6日ロンドン旅行からフィギュア、マグネットといったハリー・ポッターグッズなど様々なプレゼントに応募出来る(詳しくはこちら:https://kinro.jointv.jp/present/)。

1/2ページ

最終更新:6月3日(金)12時1分

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。