ここから本文です

セリーナ 21歳プチンセワに苦戦も、全仏2年連続4強入り<女子テニス>

tennis365.net 6月3日(金)1時9分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会12日目の2日、女子シングルス準々決勝が行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が世界ランク60位のY・プチンセワ(カザフスタン)を5-7, 6-4, 6-1の逆転で下して2年連続のベスト4進出を果たし、2連覇に前進した。

全仏オープン対戦表

この試合、第11ゲームで40-0からブレークを許したセリーナは第1セットを落とすと、第2セットでもプチンセワの粘りのあるプレーに苦戦を強いられる。ここで女王の力を発揮したセリーナが何とかセットカウント1-1とし、ファイナルセットではプチンセワを圧倒した。

準決勝では第8シードのT・バシンスキー(スイス)と世界ランク58位のK・ベルテンス(オランダ)の勝者と対戦する。

今シーズン、セリーナは怪我などで大会欠場が続くも、5月のBNLイタリア国際女子(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTAプレミア5)で、昨年8月のシンシナティ以来約9カ月ぶりの優勝を果たした。

一方、金星にあと一歩及ばずも大健闘を見せたプチンセワは、グランドスラムで自身初のベスト8進出。過去は今年の全豪オープンの3回戦進出が最高成績だった。

またツアー大会でのタイトル獲得はなく、世界ランキングの自己最高位は今年の4月に記録した53位。

tennis365.net

最終更新:6月3日(金)1時16分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。